Inner Care

ホットヨガ

大量の汗でストレス発散!ホットヨガでデトックス

人間の身体の筋肉が最もやわらかくなる温度が、38~39℃だといわれています。その温度に設定されたスタジオで行うヨガを、「ホットヨガ」と言います。ホットヨガを行うときは、スタジオの湿度は、60~65%に設定しますホットヨガの良さは、なんといっても大量の汗をかくことです。大量の汗からは毒素が排出され、“血行促進”や“ストレス発散”にも最適です。あたたかい場所だと通常よりも身体がやわらかくなるため、初心者でも挑戦しやすいでしょう。

初めての人は、実際に「体験」したり、スタッフの方にご相談 ホットヨガやいろいろなトレーニング方法を詳しく知りたいなら、こちらのページをご参考にしてみてください。⇒こちら

ヨガとホットヨガの違いとは?

  • ヨガ中にとるポーズはほぼ同じ。
  • ヨガはどこでもできるが、ホットヨガは温度が38~39℃程度、湿度が60~65%程度のスタジオで行う。
  • ホットヨガは、筋肉がほぐれやすいので初心者の方にもおすすめ。
  • ヨガは、健康維持を目的に行われることが多いが、ホットヨガは大量の汗をかくことからダイエットを目的に行われることが多い。

デトックスだけじゃない、ホットヨガの驚くべき効果!

「質のいい汗」をかけるため、特に女性に人気のホットヨガですが、“ストレス解消”や“体質改善”などさまざまな効果が期待できます。また、大量の汗をかくため、ダイエット目的で行う方が多いかもしれませんね。大量に汗をかくということは、それだけ大量の毒素が排出されているということ。ストレス解消にもなりますし、“美肌効果”や、“肩こり”、“冷え性改善”などの体質改善も期待できます。

デトックス、美肌効果

内臓の働きをスムーズに
ヨガを行うと、腹筋や背筋など、「お腹まわりのインナーマッスル」が鍛えられます。内臓の働きがアップし、身体のあらゆるところに健康的な影響を与えてくれます。
インナーマッスル強化!
体幹を使ってポーズをとるヨガは、続けるほどにインナーマッスルが鍛えられます。インナーマッスルが強化されると、排泄物を外へ押し出す働きを強めてくれます。
血液や水分を十分に行きわたらせる
ホットヨガをするときは、スタジオ内でこまめに水分を摂るようにします。水分を摂ることで、体内の血液と水分の循環が良くなるため、便もやわらかくなりお通じも改善されます。

ダイエット効果

余分な水分を排出
身体を内側から温めてくれ、リンパや血流が促進されます。すると余分な水分がしっかりと排出されるようになり、“むくみ”が改善されます。
筋肉がやわらぎ滞りを解消
人間の筋肉は、38~39℃の温度で最もやわらかくなるといわれています。ホットヨガスタジオの温度を合わせることにより、筋肉がやわらかくなり身体がしなやかになるのです。
脂肪燃焼
汗を大量にかくことにより、インナーマッスルが鍛えられ基礎代謝がアップします。基礎代謝がアップすることで、“脂肪を燃焼しやすい”、痩せやすい身体になります。

ストレス解消

大量の発汗
ホットヨガのいいところは、何よりも大量の汗をかけることです。適度に暑いホットヨガスタジオで“質のいい汗”をかけば、ストレス解消につながります。
脳内物質セロトニンの増加で気分爽快
ヨガの、リズム性のあるポージングにより、脳内のセロトニン神経が刺激されます。すると不安や緊張がやわらぎ、“気分爽快”になれます。
快感ホルモンβエンドルフィンの促進
運動をすると、βエンドルフィンという物質の分泌が促されます。βエンドルフィンは“快感ホルモン”と呼ばれており、鎮静作用があり、“幸福感”や“高揚感”を得られます。

肩こり、冷え性、体質改善

全身の血行促進
ホットヨガのポーズをとることで、全身の血液やリンパの流れを促します。血行が良くなり、“目や肩の疲れを解消”することができます。
筋肉がしなやかに
ホットヨガスタジオの温度を40℃前後に合わせることで、筋肉がほぐれやすい状態になります。緊張して強張っていた筋肉がほぐされることで肩こり解消効果が期待できます。
ゆがみを改善
普段の姿勢によって、ゆがみが生じてしまっている可能性があります。ヨガのポーズをとって筋肉を使うことで、ゆがみを整え、体調を根本的に変えていきます。
体温調整機能をアップさせる
大量の汗をかくことで、代謝が上がり、体温の調節機能がアップします。ホットヨガに加え、大豆や玄米などの身体を温める食べ物を積極的に摂っていくようにしましょう。

ホットヨガの準備

1汗拭きタオル

ホットヨガをすると大量の汗が出ますので、タオルは必ず用意しておきましょう。

2下着

ホットヨガの後はびっくりするほど汗をかいているものです。びしょびしょになってしまいますので、替えの下着を用意しておきましょう。

3ウェア

ヨガのポーズをとりやすいウェアを選びます。ホットヨガスタジオによっては用意してくれるところもあります。

4お水

ホットヨガをしている最中はお水をこまめにとるのが鉄則。

5ビニール袋

濡れた下着やウェアを入れて持ち帰るためのものです。

6クレンジング用品

汗をかいても気にならないよう、ホットヨガを行う前にメイクを落としましょう。

ホットヨガを行うときの注意点は?

ホットヨガスタジオは高温多湿のため、普段かかないほどの汗をかきます。汗として水分を排出しているわけですから、その分水分補給をこまめにしていきましょう。水分補給をおこたると、脱水症状や熱中症を引き起こす危険性があります。ホットヨガは、健康的な身体で水分をしっかり摂りながら行えば、なんらリスクはありません。しかし、決して無理はせず、体調の悪い方や妊娠中の方は避けるようにしましょう。