Inner Care

ストレス対策

ストレス解消に良い食材

保湿対策に良い食材

牛乳・チーズ・豚肉・牛肉・鶏レバー・ラム肉・卵・白米・食パン・ごま・そば・レモン・いちご・ゆず・オレンジ・柿・キウイ・ピーマン・小松菜・キャベツ・ブロッコリー・みつば・にんじん・梅・煮干し・ヨーグルト・豆腐・いわし・あじ・まぐろ・うなぎ・昆布・わかめ・あさり・ひじき・カキ(貝)

ストレス解消に良い栄養素

  • カルシウム…カルシウムは、神経を鎮静化する作用があり、別名「心の安定剤」などと呼ばれているほど。カルシウムが足りないと、イライラしたり不眠になりやすくなったりします。
  • ビタミンC…全身の抵抗力を高めるために必要なのが、ビタミンCです。ビタミンCはストレスによって体外に排出されてしまうため、ストレスを感じるという方は積極的に摂取していきましょう。
  • ビタミンB1…ストレスを受けると体内で消費されてしまうのが、ビタミンB1です。ビタミンB1が不足すると不眠やめまいが起こりますので、意識して摂取したい栄養素です。

レシピ【1】イタリアン風納豆そば

カルシウムとマグネシウムが豊富に含まれている“納豆”を使用したイタリア風のレシピです。カルシウムとマグネシウムには精神を安定させる働きがありますが、チーズにもカルシウムが豊富に含まれています。また、枝豆にもカルシウム、マグネシウム、ビタミンC、ビタミンB1が含まれていて栄養たっぷり!「ストレス解消」には大変役立つレシピです!

1.材料(2人分)

  • そば…1人前
  • 納豆…1パック
  • トマト…1/2コ
  • 枝豆…30g
  • モッツアレラチーズ…25g
  • A:薄めのかけつゆ…80~100cc
  • A:ゆずこしょう…小さじ1/4

2.作り方

  • 枝豆を茹で、さやから出しておきます。
  • トマトとチーズを1cm程度のサイコロ状にカットしていきます。納豆は付属のタレと混ぜておきます。
  • Aを混ぜ、半分をボウルに入れ、納豆と枝豆とチーズを加えて軽く和えます。
  • さばを茹でて冷水にかけ、ざるにあけて水気を切ります。
  • 器にそばを盛り、トマト・チーズ・納豆をかけ、トマトをトッピングします。
  • 最後にAのつゆをかけてできあがり。

3.point

  • ゆずこしょうはお好みで量を調節してください。
  • ゆずこしょうのかわりに、七味唐辛子など、お好きな調味料を混ぜてもおいしくいただけます。

レシピ【2】コマツナ×ツナのマヨ丼

カルシウムが豊富な小松菜とツナを使用した簡単丼レシピです。小松菜は野菜の中でもカルシウムの含有量はトップクラス!いつもとは一味も二味も違った小松菜の調理法で、おいしくいただくことができます。ツナとマヨネーズが、お子さんにも喜ばれるおいしいポイントです。大人のイライラを鎮めるだけでなく、骨を強くするお子さんにもぴったりの、「ファミリーメニュー」です。

1.材料(2人分)

  • 小松菜…200g
  • ツナ缶…1コ
  • ごま油…大さじ1
  • にんにく…1かけ
  • たかの爪…1本
  • 塩…少量
  • マヨネーズ…適量
  • しょうゆ…適量
  • ご飯…240g

2.作り方

  • にんにくをみじん切りに、たかの爪は細かく輪切りにしておきます。
  • 小松菜は、3~4cm程度にカットしておきます。
  • フライパンにごま油をしき、にんにくとたかの爪を熱し、香りが出てきたら小松菜を入れて炒めます。塩を少々振って味を調節。
  • 小松菜がしんなりとしてきたらご飯を盛った丼にのせます。
  • その上に油を切ったツナをのせ、マヨネーズとしょうゆをかけたらできあがり。

3.point

  • ツナ缶の油分がご飯に吸われると味が落ちてしまうので、ツナ缶の油はしっかりと切っておきましょう!

レシピ【3】大豆とトマトのクリームスープ

イライラを鎮めるために役立つのが、「大豆」です。大豆には、精神の安定を促す“カルシウム”と“マグネシウム”が含まれており、さらに神経の機能を正常にする“ビタミンB1”が含まれています。また、牛乳のカルシウムやキャベツに含まれるビタミンCにもストレスを緩和してくれる働きがあるため、ストレス解消やアンチエイジングにぴったりのレシピです。パンやクラッカーを添えてお召し上がりください。

1.材料(2人分)

  • キャベツ…1/4コ
  • たまねぎ…1コ
  • ベーコン…150g
  • 大豆の水煮…150g
  • トマト缶…1缶
  • 水…100cc
  • 牛乳…300cc
  • ホワイトシチューの素…80g
  • 塩・こしょう…少量

2.作り方

  • キャベツ・たまねぎを一口大にカットしておきます。
  • ベーコンは5mm程度に切って鍋に入れ、弱火でたまねぎと炒めます。
  • たまねぎが透明になってきたらキャベツを入れて軽く炒めてから水を加えます。
  • さらにトマト缶と大豆を加えてフタをし、弱火で20分程度煮込みます。
  • 鍋の火を止め、ホワイトシチューの素を加えてかき混ぜながら溶かしていきます
  • 溶けたら弱火にし、牛乳を少しずつ加えていきます。
  • 沸騰させないよう温め、塩・こしょうで味を調えます。
  • 器に盛り付けたらできあがり。お好みでパセリをトッピングしてもいいでしょう。

3.point

  • 沸騰させてしまうと分離してしまうので、牛乳を加えている時は沸騰させないのがポイント!少しずつ混ぜながら加えていきましょう。