Hair Care

人気のチーク

チーク次第で、若々しい表情が手に入る!人気の入れ方をご紹介します。

チークあなたが最も若々しくなれて、小顔効果が発揮されるようにチークを入れる、今人気のテクニックについてご紹介します。
頬の正面でもっとも高い部分に入れると、頬全体に膨らみが出ます。年齢を重ねると、顔の筋肉が全体的に下がってきますが、チークを入れることで顔に立体感ができ、全体的に持ち上がった印象になるでしょう。 また、気になる入れ方ですが、昔と今とでは、基本的な入れ方がかなり変わってきています。頬の横ではなく正面に入れてみてください。表情豊かな自分の顔にちょっとした驚きを感じるでしょう。 まず、正面に丸くチークを入れ、上側斜め方向にぼかします。更に、チークを入れた上側に白またはベージュのハイライトを入れてください。

とても初々しいチーク効果が発揮され、明るくイキイキとした表情が完成します。
今人気のチークを使って輝く頬を実現しましょう。

【ジバンシー ル プリズム ブラッシュ】
輝きのある4色のバランス次第で多彩な表情がつくれます!

【ジバンシー ル プリズム ブラッシュ】(ブランド名:ジバンシイ)

パルファム ジバンシー

特徴 微粒子化されたマザー・オブ・パール入り
ソフトな感触
鮮やかな発色が1日中持続
楽天市場2010年コスメ・香水ジャンル賞
楽天市場2011年コスメ・香水ジャンル大賞
カラー ブラッシュ #21インスピレーションローズ
価格 6,090円(税込)
効果 華やかな立体感を演出

立体感のある頬に上手に仕上げるコツは、4色を、円を描くようにブラシで混ぜるように取って使用すること。このとき、4色のバランスを変えて混ぜることで、いろいろ使い分けができます。シェイディングに使ったりハイライトに使ったり、工夫次第でいきいきとした鮮やかな頬に仕上がります。
また、マザー・オブ・パールが、肌に繊細な明るさを与え、表情を豊かにします。

全色6色、一番人気のインスピレーションローズは、とても淡くピュアなピンク色。かわいらしい自然な仕上がりが期待できます。色白の方に似合いそうな薄付きの上品な白系ピンクです。
#22 ヴィンテージ・ピンクも人気があります。

【シマーブリック】好きな色で好きな使い方ができる人気のマルチチーク!

【シマーブリック】(ブランド名:ボビイ ブラウン)

ボビイ ブラウン

特徴 微粒子パールのマルチシマーパウダー使用
5色で1セット
ブラシつきが人気の秘密
カラー ブロンズ
価格 5,460円(税込)
効果 ツヤのある仕上がり
明るく美しい発色

使い方はいろいろ。この商品1つで、微粒子パールの5色をブレンドしてフェイスやデコルテで使用したり、単独の色でハイライトやアイシャドウに使用したり、微妙な色にもチャレンジすることもできるので、自分の思い通りの輝きある表情がつくれます。

また、上質な質感のある微粒子パールのマルチシマーパウダーが光を集め、頬に輝きと自然なツヤを与えます。
アイシャドウに使用しても抜群の発色を発揮することができるので、人気が高まっています。

【スマイルアップチークス】
発色のよい2色のカラーとぼかしパウダーが魅力!

【スマイルアップチークス】(ブランド名:コフレドール)

カネボウ化粧品

特徴 微粒子の2色の"チークカラー"と"チークぼかしパウダー"で1セット
きれいなバラのデザインが人気
馬毛100%のブラシ付き
@cosume2012年上半期ベストコスメ チーク部門第1位
@cosume 2012年上半期ベストコスメ メイクアップ部門賞
カラー 02 ピーチ
価格 2,415円(税込)
効果 肌になじみ輝きが増し、美肌をつくる
発色がよく血色ある頬に

2色のチークカラーは微粒子で発色が良く、チークぼかしパウダーは肌なじみをよくしてくれます。自然の仕上がりが人気の秘密。
01ピンク、03ローズ、04オレンジの全4色。

付属のブラシをくるくる回してこれらのパウダーを取り、頬にのせてぼかしていきます。頬にフィットするので自然な血色をもたらし、美しく輝かせます。チクチクしない馬毛100%のブラシがついているのも嬉しいですね。

チークの失敗を直す裏ワザとは?

ファンデーションをきれいに仕上げたあとに、チークを入れて完成!
のはずが、思わず濃すぎてしまったり、範囲がズレてしまったり、と失敗してしまうことがあります。これを簡単に修正する裏ワザをご紹介します。

1枚のコットンを、中心から2つに手でちぎります。
わざと線維が毛羽立つようにしたいので、ハサミで切らないでください。

次に、2枚になったコットンを、毛羽立った片側が同じ向きになるように重ねます。
この毛羽立った方が左右どちらかにくるように置いて、手前からクルクルと丸めていきます。
更に、端の毛羽立った方を、綿棒のように少し丸めてください。
このとき、強く固めないようにしてください。

これを使って、失敗したチークの部分を直していきます。
こすってみると、チークが薄くなるのがわかります。
かなり薄くなったら、ファンデーションで軽く塗り直しをすれば、問題なくチークのやり直しができます。

慣れてくれば、あっという間に直せるようになるでしょう。