Hair Care

手も美しく生まれ変わるネイルケアのヒミツ

美しいネイルをつくるには、どこに気をつけたらいいの?

ネイルケアネイル(爪)とは皮膚が角質化したもので、タンパク質の一種であるケラチンでできています。ネイルも皮膚の一部だと思えば、大切にケアをしてあげたいものの一つです。
ネイルは爪先、爪床、爪半月など、様々な部分からできていますが、ネイルケアをするときには、新しいネイルを作る部分である爪母基(マトリックス)や、ネイルと皮膚の間の角質である甘皮(キューティクル)に気をつけてケアをしてあげましょう。

続けることで効果がでる!ネイルケアで爪美人

ネイルを綺麗に見せるには、スカルプなどの人工爪をつけることも一つの方法です。
でも、お店に通うのは大変だし、お金もかかりますよね。
ネイルケアなら自分で自宅で、空いた時間にすることができます。
定期的に続けることでネイル自体が大きく見え、ネイルカラーそのものがとても美しく見えます。
ネイルが健康になり、ツヤも出てきます。そのためネイルカラーの持ちも良くなります。
ネイルが綺麗だと、手全体が美しく見えますよね。

ポーチから出てきたら可愛い!ガラス製爪やすり

【ガラス製爪ヤスリ 大小セット】1,070円(税込)※参考価格

爪やすりといえば、紙製か金属製のシンプルなものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。こんなに可愛いガラス製の爪やすりがあるんです!
性能は若干金属製のものに比べると劣る気もしますが、作りもしっかりして何よりとっても可愛いです。可愛いものを使うと気分もあがりますよね!ネイルケアに時間をかけたくなりますよ。

初めてのネイルケアセットにはこれがオススメ

【NEW!アップグレードネイルケアセット 説明書つき】1,280円(税込)※参考価格

内容はネイルファイル(爪やすり)、キューティクルプッシャー、オレンジウッドスティック(3本)、キューティクルニッパー、3Dバッファーです。
最低限のものがセットになってこの値段なので、とりあえず始めてみたい方にはいいと思います。
このセットにプラスして、欲しい道具を買い足していく楽しみもありますね。

ネイルケアにとりかかる前に注意しておきたいこと

ネイルの長さや形を整えるときに一番気をつけなければいけないことは、ネイルが乾燥した状況で行わないということです。
ネイルが水分を十分含んでから、ネイルケアにとりかかりましょう。
よく甘皮ケアのときに手をぬるま湯につけて甘皮をふやかしますが、爪やすりを使ってネイルの形を整える前からネイルに水分を与えてあげましょう。
水分がなく乾燥していると、爪切りややすりを使った時に二枚爪になりやすいといわれています。

知っていました?ネイルケアのちょっとした裏技

ネイルケアをするには、風呂上がりがオススメです。
ネイルが水分を十分含んで柔らかくなっているので、ケアに最適です。
是非入浴中はボディケアを、風呂上がりにはネイルケアをしてみてください。
ネイルが折れてしまうこと、時々ありますよね。
そんなときは、市販の接着剤を使って上からベースコートを塗ってみてください。実は結構これでカバーできてしまいます。
また、感熱紙レシートの印字面でネイルを磨いてみてください。ピカピカになりますよ!