Skincare

スペシャルケア1  -マッサージ-

マッサージは力を入れて行うとより効果的だ。

顔のマッサージに力の入れ過ぎは厳禁です!

リンパ液は皮膚表面近くを流れているので、力を入れなくても効果を得ることはできます。力を入れすぎてしまうと内出血やたるみなどの原因になりかねませんので、注意が必要です。

フェイシャルマッサージはリラックスして行うべきスキンケア方法である。

顔の筋肉がこわばっていると効果は半減してしまいます

フェイシャルマッサージをする時に、顔の筋肉が緊張していると効果が半減してしまいます。アロマやヒーリングミュージックなどを使用して、リラックスしながら行うことが大切です。

マッサージをする時はクリームを使う必要がある。

顔用マッサージクリームを使用して摩擦を防ぐ

マッサージをする際に摩擦を与え続けてしまうと、吹き出物などの肌トラブルの原因になりかねません。顔用マッサージクリームをたっぷりと使用することで摩擦を防ぐことができます。

顔にはマッサージクリームによる摩擦軽減が欠かせない!

マッサージクリーム

肌の新陳代謝が衰えはじめたら、顔のマッサージが大変効果的です。適度にお肌に刺激を与えて血行を促すことで新陳代謝を活発にし、肌老化によって引き起こされるしわやたるみを予防します。しかしお肌に摩擦を与えてしまうと吹き出物やたるみの原因にもなりかねません。そこで、皮膚の摩擦を軽減するための顔用マッサージクリームが必要不可欠です。油分が気になる方はさっぱりとしたジェルタイプを選んでもいいでしょう。

使いやすい、自分に合った顔用マッサージクリームを

ふき取りタイプ

マッサージのあと、ふき取るタイプの顔用マッサージクリームです。ふき取り化粧水をコットンに含み、よくふき取ります。

ふき取りタイプ代表選手
マッサージクリーム
ちふれ
マッサージクリームちふれ

保湿成分であるヒアルロン酸とトレハロースを配合。なめらかでしっとりとした感触でスルスルのびるのが特徴です。

マッサージクリーム
トワニーエスティチュード
マッサージクリームトワニーエスティチュード

洗い流しも可能のマッサージクリームです。保湿成分にはシアバターを採用。なめらかな感触でハリのあるお肌へ導きます。

クレンジングマッサージクリーム
ノエビア99
レンジングマッサージクリームノエビア99

クレンジングにも使える顔のマッサージクリームです。お肌の潤いを守りながら、心地良いマッサージを実感できます。

洗い流しタイプ

洗い流すタイプの顔用マッサージクリームは、洗顔後に使用します。流す前に軽くティッシュオフすると洗い残しがなくなります。

洗い流しタイプ代表選手
アクティベートサーキュレーター
エスト
アクティベートサーキュレーターエスト

複合成分を配合し、明るいお肌へ導く顔のマッサージクリームです。炭酸でつくられた濃密な泡でリッチなマッサージを。

薬用ホワイトクリエイトマッサージパック
アルブラン
薬用ホワイトクリエイトマッサージパックアルブラン

美肌成分カモミラET配合で、透明感のあるお肌へ導くマッサージクリームです。リラックスできる香りがポイント。

マッサージクリーム
京乃雪
マッサージクリーム京乃雪

大豆、米ぬかはじめ、20種類の和漢植物エキスなどお肌に負担をかけないものを練り込みました。もちもちのお肌が実現します。

ふき取り・洗い流し不要タイプ

洗い流しもふき取りも不要なタイプは、マッサージをしながら有効成分を全部吸収できるマッサージクリームです。

ふき取り・洗い流し不要タイプの代表選手
マッサージクリーム
タイムレスキュー
マッサージクリーム

マッサージクリームタイムレスキュー

ホワイトマッサージクリーム
トワニーホワイトニング
ホワイトマッサージクリームトワニーホワイトニング

いきいきとしたお肌に導く、ふき取りも洗い流しも不要の顔用マッサージクリームです。無香料・無着色。

ホワイトニングリフティングジェル
黄土倶楽部
ホワイトニングリフティングジェル黄土倶楽部

かためのテクスチャーが、造顔マッサージなど圧をかけるマッサージに最適。美白効果も期待できます。

顔をマッサージクリームで、じっくりエイジングケア

洗顔してから、顔専用のマッサージクリームを顔の中心から外にむけて伸ばしていきます。顔全体にたっぷりとなじませてから、顔の筋肉に沿ってらせん状にマッサージをしていきます。目の周りなどの皮膚が薄い部分は軽く刺激を与える程度で、小鼻などは普通の力でマッサージをしてかまいません。顔だけでなく、デコルテまで一緒にマッサージをすることがエイジングケアのポイントです。ふき取り・洗い流しタイプの場合は油分を顔に残さないようにしましょう。

力の入れすぎ、こすりすぎには注意が必要です!

顔のマッサージには、力の入れ過ぎとこすりすぎは厳禁です。じっくりマッサージするためにはついつい力を入れてしまいがちですが、力の入れ過ぎは内出血の原因に、こすりすぎは吹き出物などの原因になりかねません。