Skincare

汚れを落とす-洗顔-

ニキビができてしまったら何度も洗顔をした方がいい?

皮脂のバランスを崩すため、洗顔のしすぎは厳禁です!

ニキビができてしまったら皮脂のバランスを保つことが大切ですが、洗顔しすぎると必要な皮脂も洗い流してしまい、新たなニキビや新たな肌トラブルを招きかねません。

念入りにマッサージ洗顔をした方が、普通に洗顔をするよりも汚れが落ちる?

意外にも、マッサージ洗顔の方が汚れが残ってしまいます!

長時間洗いすぎると毛穴に汚れを押しこんでしまったり、肌をこすりすぎて角質層がはがれ落ちるなど、普通に洗顔するよりも毛穴のつまりを引き起こす可能性があります。

洗顔は泡でするもの?

泡洗顔が、最もお肌にやさしい正しい洗顔方法です。

こすることで汚れが落ちるのではなく、泡洗顔をすることで汚れを浮き上がらせキレイにすることができるのです。やさしい泡なら、お肌への負担も軽減させることができます。

なぜ洗顔が必要なの?洗顔アイテムの選び方

洗顔

洗顔料には、クレンジング剤のすすぎ残しや余分な皮脂や汚れを浮き上がらせ、落とす役割があります。洗顔コスメを選ぶときは自分の肌タイプに合ったものを厳選することで、心地良い洗い上がりを実感できるはずです。

どれを選ぶ?効果的に泡洗顔ができる洗顔料たち

フォームタイプ

洗顔料の中でもっともシェアの多いタイプです。半固体状で泡立てやすく、使いやすいチューブタイプが大半。

フォームタイプ代表選手
ビューティーモイスチャー洗顔フォーム
ダヴ
ビューティーモイスチャー洗顔フォーム

汚れをきちんと落としながらモイスチャーミルクが肌の角質層まで浸透。お肌に潤いを閉じ込める美容成分を配合しています。

クッション泡洗顔料
ソフィーナ
クッション泡洗顔料

ネットで泡立てるタイプ。独自の弾力泡形成技術により、弾力のある泡でパックをするかのように潤いを逃さず泡洗顔できます。

ウォッシュクレンジング
クレンジングリサーチ
ウォッシュクレンジング

ピーリングのための洗顔料です。AHAに酵素マッサージ効果をプラスし、毛穴の奥の老廃物もすっきりと取り除きます。

リキッドタイプ

リキッド洗顔料とは、液状タイプのこと。泡立てやすく、キメ細かいクリーミーな泡で泡洗顔することができます。

洗顔リキッド代表選手
リキッドソープ
アスタリフト
リキッドソープ

アスタキサンチンと水溶性コラーゲン配合。古い角質や酸化皮脂を落とし、化粧水や保湿ジェルなどを受け入れやすいお肌へ。

クリアリキッドフォーム
セラ
クリアリキッドフォーム

アミノ酸系洗浄剤配合でお肌にやさしく、クリーミーな泡でリッチな泡洗顔が可能です。たっぷり使える大容量が特徴。

クリアフォーミングリキッド
アユーラ
クリアフォーミングリキッド

メラニンを含む不要な角質や汚れをクリーミーな泡ですっきりと洗い流します。和漢植物エキス配合でお肌をいたわります。

粉末タイプ

粉状の洗顔料をぬるま湯で泡立てて使用します。洗顔する直前に水を加えるため、新鮮な泡で泡洗顔ができることが特徴。

粉末の代表選手
洗顔パウダー
ファンケル
洗顔パウダー

しっとりタイプと、さっぱりタイプをご用意。無添加や弱酸性にとことんこだわった洗顔パウダーです。

ビューティクリアパウダーa
suisai
ビューティクリアパウダーa

つるつるの洗い上がりを実現した薬用酵素洗顔パウダーです。毛穴の目立たないなめらかなお肌へと導きます。

パウダーウォッシュ
オルビス
パウダーウォッシュ

頑固な汚れもしっかりと落とす酵素入りの洗顔料です。シーバムメルティオフ成分とタンパク分解酵素でスッキリ泡洗顔。

せっけんタイプ

泡立てネットなどを使ってモコモコの泡をつくります。洗浄力の強いもの・弱いもの、さっぱり・しっとりなどタイプは様々。

せっけんの代表選手
アレッポの石鹸(ノーマル)
アレッポの石鹸
アレッポの石鹸(ノーマル)

受け継がれてきた伝統的な手法で、釜でじっくりと練り上げつくられたせっけんです。汚れを落とし、潤いを保ちます。

みつばちマーチ
ラッシュ
みつばちマーチ

ラッシュの中でも定番の洗顔&ボディせっけん。ハチミツ配合で、甘い香りを楽しみながらお肌を優しく洗いあげます。

AHAリファインソープモイスチャー
オザキコスメ
AHAリファインソープモイスチャー

角質をやわらかくするAHAはじめ、20種類以上の美容成分を配合。濃密な泡洗顔で、敏感肌や乾燥肌の方にも最適。

洗顔料をしっかりと泡立てる「泡洗顔」が基本です。

まずはぬるま湯で軽く洗顔をしてから、洗顔料を必要に応じてネットなどでよく泡立てて、濃密な泡をつくります。洗顔の始めは、皮脂が多く、皮膚が厚いTゾーンから泡をのせ、よくなじませていきます。次に頬に泡をのせ、なじませます。最後は、デリケートな目元や口元に泡をなじませ、ぬるま湯で手早く洗い流しましょう。泡が残っていないかを確認し、やわらかいタオルで押さえるようにして水気を拭き取ります。

過度な摩擦は洗顔の一番の敵。こすりすぎに注意!

正しい泡洗顔では、濃密な泡をなじませるだけで汚れはしっかりと落ちるため、こする必要は全くありません。 洗顔がおわってからタオルで水気を拭き取るときも、押さえるようにしてなるべく摩擦をしないように気をつけましょう。