Skincare

保湿する  -美容液・クリーム-

美容液は高価だから使わなくてもいい。

お肌の状態をみながら使用するかしないかを判断しても◎

美容液とはそもそも化粧水などに有効成分を含んだもの。美容液なしでもお肌の調子がいいのなら、使用しなくてもかまいませんが、物足りない時にプラスするだけでお肌の調子はだいぶ変わります。

クリームを使っていれば、乳液は必要ない

乳液とクリームは、どちらかだけの使用でOKです

クリームを使用するなら、乳液は使用しなくてもかまいません。どちらも美容液の成分やうるおいを閉じ込めるフタの役割を果たします。一般的には、クリームの方が乾燥を防ぐパワーが高め。

正しいスキンケア方法の順番は、化粧水→美容液→乳液である。

美容液をつける順番は、ブランドによって異なります

基本的には、化粧水をつけてから保湿美容液をつけ、最後にクリームや乳液でフタをします。しかし化粧水の前につけた方が効果的である美容液もあり、順番はブランドによって異なるといえるでしょう。

お肌の土台をケアする栄養たっぷりのスキンケア

美容液

保湿美容液や美白美容液など、美容液のタイプは多種多様ですが、有効成分をたっぷりと含んだ美容液はお肌を根本から元気にしてくれる栄養剤といえます。化粧水や乳液はお肌の表面をケアするものですが、お肌の土台であるその奥の「真皮」をケアするのが美容液です。たくさんの栄養が凝縮されている美容液が多く、美肌を保つためには必要不可欠なアイテムで、特にアンチエイジングケアを考えている方は普段のスキンケアにプラスするようにしましょう。

まずは有効成分を確認。テクスチャーはお好みで

まずは、保湿効果のある美容液を選ぶことが大切です。美容液の保湿成分には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどがありますので、保湿成分がその美容液に配合されているかを確認しましょう。美容液の中には保湿だけに特化した「保湿剤」と呼ばれるものもあります。 テクスチャーは水気の多いものや、クリームタイプ、ジェルタイプのものなどいろんなものがありますが、お好みのテクスチャーを選ぶことが長く使い続けられる秘訣です。

正しい順番で、保湿美容液の効果や美容効果を高める!

保湿美容液

基本的にはたっぷりの化粧水でお肌を整え、保湿効果のある美容液を使用します。そのあとに、乳液やクリームなどでフタをします。この順番を守ることで、保湿美容液の効果を高め有効成分もしっかり浸透させることができるのです。美容液の中にも「化粧水前美容液」というものがあり、化粧水の前に使用することで古い角質を取りのぞいてくれ、そのあとにつける化粧水の浸透力をアップさせてくれます。使用法を確認してから使用しましょう。

美容液の効果や浸透力を高めるための、プラスアルファ

角質層が一度に浸透を受け入れる量には限度がありますので、保湿美容液の浸透力をアップさせるためには、少量ずつお肌に浸透させていくことが大切です。 また、物理的に保湿美容液の効果をアップさせるためにはラップやコットンを使用して保湿パックを行うという方法もあります。ラップやコットンを適当なサイズにカットし、美容液をつけ、15分ほどパックをすることで普通につけるよりも浸透力がアップします。

特に注意すべきは乾燥肌!保湿美容液の使いすぎはNG

保湿美容液の使いすぎはNG

美容液の使用において特に注意しなければならないのは乾燥肌の方でしょう。保湿美容液をつけすぎると保湿過多になり天然の保湿成分である皮脂の分泌バランスがくずれてしまう恐れがあるのです。適量を使用することが大切です。