Skincare

シミのトラブル

肌にシミができてしまう最大の原因が、メラニン

シミのトラブル

加齢にともない肌にあらわれるシミですが、最大の原因がメラニンがはがれ落ちずに肌の内部に留まってしまうことです。私たちの肌は約28日周期でターンオーバーが行われていますが、この周期が乱れることでメラニンが蓄積されてしまうのです。お肌のシミを解消するためには、このメラニンを適切に排除していく必要があります。

紫外線

肌にシミができてしまう一番の原因が紫外線です。紫外線にあたるとメラニンが大量に生成されてしまいます。メラニンが増え続け、ターンオーバーが乱れて排出が追いつかなくなったときに、肌にシミとなって現れます。

外的刺激

皮膚に継続的に刺激を与えると、そのダメージから皮膚を守ろうとし、メラニン色素を過剰に生成します。きつい下着の着用や、靴ずれなどがよくある例ですが、お肌を強くゴシゴシと洗うこともシミの原因となってしまいます。

ストレス

ストレスを感じ、交感神経が活発に作動していると、血液中に活性酸素が大量発生します。活性酸素は代謝を低下させてしまうため、お肌のターンオーバーの乱れを招きます。そうすることで、肌にシミが現れるようになってしまうのです。

合成化粧品

一部の化粧品に含まれている「合成界面活性剤」は、皮膚の中に浸透する力を持っていて、それが浸透してしまうと肌にシミが現れる原因となります。化粧品の量を減らしたり、帰宅後すぐにメイクを落としたりするなどの対策が必要です。

ホルモンバランスのみだれ

30代以降に肌にシミができやすくなるのは、ホルモンバランスの乱れが考えられます。主に眉の上にシミができやすいようです。子宮の働きが弱まることも肌にシミを発生させる原因となり、生理前にシミが突然あらわれることもあります。

あなたのシミはどの種類?種類を見極めてケアしよう

肝斑

  • 特徴は、鼻の下、目のまわりなどに左右対称にできること。
  • 原因は主に女性ホルモンの乱れ。
  • 対策は、抗酸化作用の強いポリフェノールを摂取すること。
  • 化粧品では解消できないため、クリニックでの治療がおススメ。

雀卵斑(そばかす)

  • 特徴は、うずら卵のような細かなシミが鼻や頬に散らばるようにできていること
  • 原因は遺伝的なものが主で、両親のどちらかにある人は子どものことから肌に現れることが多い。
  • 対策は、紫外線を必要以上に浴びないこと。紫外線に反応して肌に出現します。

老人性色素斑(日光性黒子)

  • 特徴は、黒色か茶色で輪郭がくっきりとしていること。
  • 原因は紫外線で、ターンオーバーによる排出が追いつかなくなると肌にシミが現れます。
  • 対策は、紫外線予防をすること。
  • ケアには美肌化粧品を使用するか、クリニックでの治療がおススメです。

炎症性色素沈着

  • 特徴は、全体がくすんだように褐色がかっており、触れたときにざらっとしていること。
  • 原因は、ニキビや皮膚の炎症を起こしたあと、古くなった角質がはがれ落ちないこと。
  • 対策は、紫外線予防を中心に行いましょう。
  • ケアには、角質を取りのぞくピーリングがおススメ。

花弁状色素斑

  • 特徴は、両肩や背中、胸元などの肌にシミが現れること。
  • 原因は、海水浴などの強い紫外線による日焼けです。日焼けがおさまってから1~3ヶ月後に現れます。
  • 対策は、紫外線予防を中心に行いましょう。
  • ケアには、トレチノインを塗る方法などがあります。

脂漏性角化症

  • 特徴は、シールをはったようなぺったりとしたシミから始まり、徐々に盛り上がってくること。
  • 原因は主に加齢で、角質の構造に異常が生じ、イボが肌表面に現れること。
  • 美白ケアでは効果が望めないため、シミ解消には治療が必要です。

お肌のシミのお手入れには、徹底した美白ケアが基本

ほとんどのお肌のシミは、徹底した美白ケアで改善することができます。美白ケアによく用いられているのがビタミンC誘導体で、メラニン色素をおさえるだけでなく、肌老化の原因である活性酸素を除去するはたらきがあります。美白ケアと同時に、保湿成分や美容成分が含まれた化粧品を使用し、食事の改善やサプリメントで肌再生を促すようミネラルや各種ビタミンなどを摂取していきましょう。

肌に居座るシミのお手入れポイント

  • 徹底した美白ケア。
  • 保湿も忘れずに。
  • 活性酸素を除去するためのビタミンCなどの有効成分を積極的に摂取し、活性酸素を増やす喫煙などは控える。
  • 栄養素を行きとどかせるために血行不良も解消。
  • 日頃から紫外線予防は確実に。

美白のための成分と、活性酸素除去成分が重要!

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • エラグ酸
  • t-AMCHA
  • トラネキサム酸
  • プラセンタエキス
  • リノール酸
  • ルシノール
  • ハイドロキシン