specialcare

美肌ドリンク vs クリニック施術

美肌ドリンク vs クリニック施術

美しくなるにはどちらが効果的!?
「美肌ドリンクvsクリニック施術」

美肌になるための方法には、さまざまなものがあります。
大きく2つに分けると、口から取り込んで体内で消化し、肌に届ける経口摂取(錠剤、カプセル、美肌ドリンクなど)という方法、また、クリニック施術という方法です。
経口摂取の中には、各種サプリメントがあげられますが、その中でも、美肌ドリンクでの摂取が吸収もよく、人気が高いといえるでしょう。
ドラッグストアでも、店頭に並べられているカラフルでかわいいパッケージの各種美肌ドリンクが、いち早く目に飛び込んでくることが多いものです。
一方、クリニック施術の詳細も、ファッション雑誌やメルマガ、ネット広告などでよく見かけるようになりました。以前は体外から摂取するのが難しかった成分も、最近は美容クリニックだけで手に入る高濃度で吸収しやすい成分が登場したり、美容のための高度な新技術が登場したりと、クリニック施術の人気も高まっています。このように、今は、美肌ドリンク、クリニック施術、どちらの美容法も選びやすい環境にあるといえるでしょう。そこで、どちらの方法がより効果があるのか、また、それぞれのメリットデメリットなどについて比較したいと思います。
より効果的に、そして確実に美しくなりたい!
そんなあなたにふさわしい方法はどちらでしょう?

ハリと弾力を手に入れて美肌に!

ハリと弾力を手に入れて美肌に!
「コラーゲンドリンクvsフォトRF」

美容によい成分といえば、コラーゲン。
美肌になるためには、コラーゲンを出来るだけ効果的に摂りいれる方法について、把握することが大切です。
今、コラーゲンを摂取する方法として注目されているのは、美肌ドリンクの1つであるコラーゲンドリンクと、クリニック施術のフォトRF。
どちらも吸収がよく、効果があるのは十分に理解できるのですがけ、雑誌などの媒体を見ただけでは、どちらの方法がより効き目があるのかはっきりわからず、迷ってしまいます。コラーゲンドリンクを飲むことで摂取する方法と、クリニック施術のフォトRFにより肌から吸収する方法を比較し、その違いを理解したうえで、あなたに合った方法を取りいれることが大切ですね。
続きを見る

医薬ドリンクvsケミカルピーリング

ひどいにきびや肌荒れを治したい!
「医薬ドリンクvsケミカルピーリング」

ひどい肌荒れやにきびに悩んでいる人は、医療適用外といわれる美容としての治療ではなく、医療の力を借りて通常の状態に戻す必要があるケースも多いようです。
そこで、後者の医療的処置として考えられるのが、医薬ドリンクとクリニック施術のケミカルピーリングです。この医薬ドリンクに位置するドリンク類の中には、肌荒れ・にきびに効果的な成分を含んだ美肌ドリンクも存在しますが、このような医薬ドリンクというのは、含まれている成分に規定があり、薬局・薬店でのみ販売されています。
効き目を考慮した含有量が必要なので、医薬品としての効果が期待できるものですが、効き目には個人差があり、用法を守って服用することが大切です。
ちなみに、この基準に満たないものは、医薬部外品となります。
詳細は、以下の通りです。

◆医薬品第2類 登録販売者の説明が奨励されている市販薬で、薬店でのみ販売
◆医薬品第3類 ビタミン以外に生薬の成分を含み、薬店でのみ販売
◆医薬部外品 ビタミンB群が中心の製品で、コンビニでも販売
◆清涼飲料水 ビタミンB群の量は少ない製品で、コンビニでも販売


続きを見る

プラセンタドリンクvsラエンネック注射

新たな細胞を生み出してアンチエイジング!
「プラセンタドリンクvsラエンネック注射」

ラエンネックは、厚生労働省で認可されているプラセンタ注射薬のことです。このプラセンタというのは、美肌効果がある、ということで有名で、細胞分裂を促進する力があります。実は、その中の1種類であるラエンネックは、人胎盤から抽出した成分を使用しており、1958年に肝硬変症での製造承認を受け、以降ずっと使用されています。その他の肝障害(肝硬変や慢性肝炎など)にも効果があるようで、安心できるプラセンタ注射薬といえるでしょう。
ただし、ラエンネック注射は、医療行為にあたるので、病院(皮膚科)で受けるか、美容クリニックで施術を受ける必要があります。
また、最近は、あらゆる種類のプラセンタ美肌ドリンクや、錠剤、カプセルなどが存在します。どれも、ドラッグストアなどで簡単に手に入るので、手軽に始めやすいといえますが、この中ではドリンクタイプがおすすめです。その理由は液体の方が体内に吸収されやすいからです。プラセンタの種類には、豚由来、馬由来、羊由来、海洋性、植物性のものなどがあり、購入するにも迷ってしまいがちです。
それぞれの由来によって、アミノ酸の含有量も違えば種類も違い、製品によって濃縮度も違います。購入する際は、情報を集めて比較し、納得できるものを手に入れた方がよいでしょう。
続きを見る

ヒアルロン酸ドリンクvsヒアルロン酸注入

みずみずしいうるおい肌へ!
「ヒアルロン酸ドリンクvsヒアルロン酸注入」

ヒアルロン酸は、保湿力に優れており、肌には欠かせない成分です。
ところが、年齢とともにこのヒアルロン酸は減少してしまいます。
体内では、ヒアルロン酸を作り(生産)、そして使う(代謝)ということが行われており、若いときは、代謝に必要な量をどんどん作り出してくれていましたが、歳をとるにつれ、その生産量が減少してきます。
その結果、ヒアルロン酸が不足した状態になり、ハリやうるおいがなくなってくるのです。以前のような若々しい肌に近づけるためには、このヒアルロン酸を補うことが必要となるわけです。そこで、補う方法として、美肌ドリンクの1つであるヒアルロン酸ドリンクとクリニック施術のヒアルロン酸注入について、調べてみました。
ヒアルロン酸ドリンクの場合は体の中から潤いを補う方法で、ヒアルロン酸注入の場合は、しわのできた部分に直接ヒアルロン酸を注入することで、肌をふくらませてしわを伸ばす方法です。詳細を把握し、どちらのほうが合っているのか、検討してみましょう。
続きを見る

美白ドリンクvsヒアルロン酸注入

憧れの白肌になるために!
「美白ドリンクvsヒアルロン酸注入」

美肌の条件の1つに、「美白」があります。
シミやくすみのない、美しく白い肌に憧れる女性は多いものです。
美白対策として有効なのは、やはりメラニンの抑制でしょう。
このメラニン抑制の方法として欠かせない成分は、やはりビタミンC。でも、ビタミンCは肌に浸透しにくいため、化粧水などで肌から補うのは、なかなか難しいのです。
ですから、1つは、経口摂取で体内に摂りいれる方法がおすすめです。
経口摂取であれば、吸収率のいい美肌ドリンクの1つである美白ドリンクがいいでしょう。体の中から細胞に働きかけ、メラニンを抑制し、美白効果を発揮します。
また、肌からメラニンの成長を抑制する方法に、クリニック施術で受けるレーザートーニングがあります。Qスイッチレーザーの出力を弱くして照射し、細胞のターンオーバーを速くすることで、メラニンの生成を抑え、肝斑や肌のくすみを改善します。
憧れの美白・美肌になる方法を詳しくみていきましょう。
続きを見る