specialcare

コラーゲンドリンクvsフォトRF

コラーゲンが美肌をつくるメカニズムは?

年齢とともに、真皮層にあるコラーゲンが減少していくので、肌の弾力がなくなり、しわが増えていきます。
また、肌が紫外線にあたると、光老化を起こします。真皮をつくっているもとである、コラーゲンとエラスチンがダメージを受け、劣化してしまうため、皮膚は弾力を失い、たるみやしわが出現するのです。
ですから、美肌を作るためにもっとも大事なことは、紫外線対策をすること、そして、肌にとって必要不可欠な、真皮の柱となるコラーゲンをいかにして補うか、ということになります。
美肌をつくる基本となるコラーゲンをできるだけ効率的に補う方法である、コラーゲンドリンクやフォトRFを検討し、積極的にアンチエイジングに取り組んでいきたいですね。

美肌によいといわれるコラーゲンの気になる効果は?

コラーゲンは分子が大きいので、肌に塗っただけでは、奥まで浸透することはありません。
しかし、これを真皮層まで届くようにしたのが、フォトRFという治療器で、シミ、そばかす、たるみなどのアンチエイジング対策にとても効果があります。
このフォトRFですが、光治療(IPLフォトフェイシャル)に高周波を加えたことで、更に高い効果が期待できるようになりました。光治療は、コラーゲンの生成を促して、シミ・そばかすなどの改善をし、高周波では、更にたるみ改善の効果が期待できる、という画期的な施術なのです。
一方コラーゲンドリンクは、水溶性で低分子なので、体の内部からいち早く、効率的に吸収できるとして、高い人気が続いています。細胞と細胞の間に存在するコラーゲンを増やし、肌の老化の進行を食い止めます。どちらの方法でも、肌のアンチエイジング効果が得られるでしょう。

コラーゲンドリンクとフォトRFがもたらす効果の即効性&持続力は?

フォトRFは、顔全体を施術すると、20分~30分ほどかかります。即効性があり、効果は1回受けただけでも感じられますが、もともとの肌の状態によっては、数回の照射が必要で、目安としては3週間ごとに1回、合計5回の施術がおすすめです。
これは、高周波エネルギーが、シミ、そばかすなどが潜む真皮層まで浸透し、刺激することによって、メラニンの排出、コラーゲンの生成を促すという仕組みで、1回目の施術直後から、その違いが実感できます。
施術直後は、キメが整い、つやが出てくすみも改善され、肌のトーンが明るくなり、1~2週間経過すると、更にその効果ははっきりしてきます。
表皮層にハリが生まれるので、しわが改善され、若返りますし、治療でダメージを受けた真皮層のメラニンが肌の表面に浮き上がり、自然にはがれ落ちて、新しいシミのない肌が現れるでしょう。
さらに3~6ヶ月後の間、コラーゲンは増え続け、改善が続き、肌が引き締まり、触った感触もよくなります。
そして、効果の持続期間ですが、おおよそ6ヶ月~1年ほどといわれていますので、以降は半年に1回の施術は必要でしょう。
一方コラーゲンドリンクですが、吸収率がよいのは確かですが、体内に摂取して、すぐに効果があらわれる、というものではありません。おおよそ一週間毎日飲み続けることによって、効果を感じることができます。
コラーゲンが体の内部から力を発揮し、肌の弾力がよくなったことを実感できるでしょう。またも持続期間については、毎日飲み続けることができれば、その効果を維持することができるようです。30代になると、老化により毎日コラーゲンが減少していきます。ですから、その不足分を、常に新しいコラーゲンで補うことが必要です。
毎日摂取しないと、この不足分の生成に追いつかなくなり、効果も期待できなくなる、ということでしょう。

副作用が心配…コラーゲンドリンクとフォトRFは大丈夫?

きれいになりたい!そう思って、いろいろな方法で積極的にアンチエイジングに取り組む女性は多いのですが、やはり気になるのは副作用。
肌がきれいになっても、何かよくないことが体に起こってしまうのであれば、高いお金を出して試してみても意味がありません。
そこで、トライする前に、副作用についてはしっかりと押さえておきましょう。
まず、フォトRFの副作用について。
特に気になる副作用は報告されていません。
しかし、光治療となると、まず気になるのが火傷。
というのは、今までレーザーやパルスライトでの光治療に於いては、痛みや火傷の危険性が伴っていましたので、心配される方も多いのではないでしょうか。
しかし、フォトRFの場合、痛みについては個人差がありますが、多少熱く感じる部分や、ゴムで弾かれたような痛みを伴う箇所がある程度なのだそうです。
火傷についても、フォトRFの場合は、光エネルギーは最小限。高周波RFは、周波力が弱く、真皮の少し浅めの層にアプローチしていますし、温度管理・独自冷却システムの機能が備わっているので、ほとんどリスクはなく、しかし、肌への効果は抜群です。施術後、すぐに化粧ができるそうです。ただし、肌の調子がよくないときに施術すると、まれにかさぶたができてしまうことがあるようです。しかし、自然にはがれ落ちるので、大きな問題はありません。
敏感肌の人は、基本的に心配はいりませんが、念のためあらかじめ医師に伝えるようにしましょう。また、敏感肌の人に限らず、治療後はとても紫外線に対して敏感に反応するようになっているので、必ず日焼け止めを使用してください。
次に、コラーゲンドリンクの副作用ですが、基本的に心配する必要はありません。
コラーゲンの成分そのものが、もともとは人の体の中にあるものなので、毎日摂取しても、問題はないのです。とはいっても、気をつけて欲しいことがあります。
それは、飲む量です。
1日に必要なコラーゲンの摂取量は、5gです。よく効くようにとたくさん摂取しても、多い分は、体外に排出されてしまいますので、基本的に成分上の問題はありません。
しかし、問題なのは、摂取しすぎたコラーゲンを体内で分解するときに、腎臓への負担が大きくなることです。
どんなドリンクやサプリメントも一緒なのですが、「摂り過ぎる」ということは、体にとってよくない、ということになります。また、コラーゲンの原材料については、念のため確認しましょう。牛由来のコラーゲンについては、狂牛病問題が発生した際に、規制されるようになりましたが、それでも念には念を入れて、チェックすることは必要でしょう。

価格を徹底比較!コラーゲンドリンクvsフォトRF

フォトRFの料金は、クリニックや肌の状態によっても幅があります。
その理由は、フォトRF治療は、保険適用外なので、クリニックごとに自由に価格を設定できるからです。
治療する人、機械のバージョン、フォトRFの照射数、強さ、アフターフォローの内容などによって、その設定が違うので、よく医師に確認のうえ、自分が納得できるクリニックで施術を受けるようにしましょう。
また、5~6回のセットで施術を受けることにより、1回分の治療費が安くなるところが多いようです。続いて、気になる価格ですが、顔全体の施術をする場合は、5回セットでおおよそ200,000円程度が相場で、ちなみに、頬中心の場合は、その半分ほどといわれています。
なお、コラーゲンドリンクは、1本あたり、160円程度~380円程度と割安です。
毎日1本飲むことになるので、ひと月あたり、4,800円~11,400円程度ということになりますが、フォトRFと比較すると割安ですね。
金額も大事なポイントですが、毎日飲むことを考えると、飲み易さも検討したほうがよさそうです。あとは、効果と金額の捉え方次第で、どちらにするのかが決まってくるでしょう。

口コミでわかる!コラーゲンドリンクとフォトRF

フォトRF(30代 OL)
私の頬には、若いときから小さいシミがたくさんあり、だんだん濃くなってきたのが気になって仕方がありませんでした。
フォトRFがいいと聞いて、ある有名な美容クリニックのカウンセリングで話を聞いたところ、詳しく説明され、安心できたので、迷いなく施術しました。
施術直後は、赤味がでることもなく、2週間経った今は、気になっていたしみが薄くなってきています。肌にハリも出て、ワントーン明るくなった気がしています。
あと4回受けるので、今度はたるみの改善に期待したいです。

コラーゲンドリンク(40代 主婦)
だんだん顔のしわが目立つようになってきたので、コラーゲンドリンクを飲み始めました。
飲み始めて5日くらいしてから、なんとなく肌がもちもちしたように感じられ、化粧のりもよくなったのがわかりました。
味は結構濃いのですが、グレープフルーツ味の飲み易いものを選んで購入しています。
毎日飲んでも月に1万円弱程度なので、これなら続けられると思い、頑張っているところです。