specialcare

プラセンタドリンクvsラエンネック注射

「プラセンタ」が美肌をつくるメカニズムは?

プラセンタの成分には、三大栄養素、アミノ酸、ビタミンなど、肌によい成分、そしてEGFという成長因子も含まれており、このEGFが、人の古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるように促してくれます。
アンチエイジングに効果がある、というのは、このEGFの働きがあったからです。
プラセンタドリンクでプラセンタを摂りいれると、胃を通り、腸から吸収し、血液から各細胞へと運ばれますが、ラエンネック注射で直接摂り入れると、その時間が短縮され、すぐに血液にのって体中に行き渡る、というメカニズムになっています。

新たな細胞を生むプラセンタの肌への効果は?

ラエンネック注射とプラセンタドリンクの効果は、しわ、たるみなどの美肌効果、血行促進、細胞の活性化などの若返り、そして、疲労回復など、多岐にわたります。
ラエンネック注射の場合は、美肌づくり、アンチエイジングに加え、肝機能改善効果もあります。
では、ラエンネック注射とプラセンタドリンクの、効果の程度はどうなのでしょうか。その特徴をお話します。
まず、ラエンネック注射ですが、1日に2mlを1回打つことで、その日のうちに効果が実感できるようです。(症状によっては、効果を得るために1日2~3回打つこともあります)
1日1回、週に1~2回が理想ですね。
プラセンタドリンクの方は、経口摂取のため、その吸収率は2割ほど。
含有量の多いものを服用するようにしなければ、その効果は低くなってしまいます。
また、プラセンタドリンクの効果的な飲み方ですが、寝る前に飲むといいようです。肌は寝ている間に作られるので、寝る前30分前くらいに飲めば、いいタイミングで有効成分が浸透し、美しい肌になるでしょう。

プラセンタの効き目を素早く発揮するのはどの方法?

ラエンネック注射の場合、直接体内にプラセンタを摂りいれることができるので、化粧品、サプリメントやドリンクに比べ、かなりの即効性が期待できます。
そのため、体質にもよりますが、1回打っただけでも、効果を感じる人は多いようです。
その理由ですが、ラエンネック注射でプラセンタを摂りいれた場合、直接、摂りいれた成分全てが血液に乗って細胞まで届くため無駄がなく、素早く効果を発揮することができるからです。
とにかく、すぐに美肌を手に入れたい!という人にはおすすめです。
持続力については、注射を打ってから2~3日なので、きれいになった肌を持続させたいのであれば、毎週できれば2回、少なくとも1回は打つ必要があるでしょう。
一方プラセンタドリンクは、経口摂取で、毎日飲むタイプのものが多いようです。
経口タイプの中では、ドリンクタイプが最も吸収力・即効性があり、液体なので、吸収力が高く、腸から吸収されるまでは30分ほどということです。
ただし、吸収は早いのですが、その吸収率は2割ほど。
腸から吸収されたのち、一部が肝臓、一部が血液と一緒に体全体に運ばれ、体の中に吸収されていきます。
ですから、早ければ翌日、肌の調子の変化に気づくことがあるようですが、プラセンタを直接体に入れるラエンネック注射の方が、即効性があるのはいうまでもありません。

プラセンタによる副作用の心配は?

ラエンネック注射に於いては、大きい副作用の報告はほとんどない、ということです。
ただ、アレルギー体質の人、また体力が極端に低下してしまっている人の場合は、注意が必要です。ラエンネックは、他のプラセンタドリンク剤などの成分と違い、ヒト組織由来のため、タンパク質やアミノ酸を含有しています。それにより、拒否反応を起こし、ショックを起こす可能性がゼロではないのです。
しかし、対処をしながら使用することもできるため、医師に前もって相談してみましょう。
また、小さい副作用としては、注射液を皮下注射や静脈注射、または筋肉注射するので、その際に、腫れることがあるそうです。
続いて、プラセンタドリンクの副作用についてお話します。
プラセンタに含まれている成分は、3大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質、そしてアミノ酸、ビタミン、ミネラル、葉酸などで、もともと人の体にある成分なので、副作用は少ないといわれています。
ただ、プラセンタドリンクの場合、そのほとんどが豚由来であるため、ごくまれに動物性ホルモンが原因となってアレルギー反応を起こすことがあるようです。
この動物性のアレルギーがある場合は、植物性のプラセンタを服用するのも1つの方法です。
また、狂牛病の問題以来、牛由来のものは使用されていないので、病気などによる副作用の心配はありません。
心配な人は、豚由来の場合も、SPF豚を使用したタイプのものを選ぶとよいでしょう。

ラエンネック注射とプラセンタドリンクの価格を比較!

ラエンネック注射にかかる費用ですが、病院やクリニックによっても価格はまちまちです。
肝臓疾患以外で使用、つまり美容目的で打つと、当然保険適用外となりますので、注射だけでなく診察料も含めると、おおよそ1回あたり2,000円前後~6,000円程度かかります。
1アンプルが1,000円~3,000円程度なのですが、それをだいたい1回の注射で2アンプル打つので、このような計算になりますが、多い人は3アンプル打つこともあるので、その場合は9,000円かかることになります。
一方、プラセンタドリンクの場合は、10本入りでまとめて販売されているものが一般的で、おおよそ、6,000円~10,000円、かなりの高濃度タイプの場合、1本20,000円するものもあるようです。

口コミでわかる!
「ラエンネック注射」と「プラセンタドリンク」の効果

ラエンネック注射(42歳 接客業)
40歳を過ぎて、顔の小じわやたるみが気になりだし、何かいい方法はないかと考えた末、効果的だといわれるラエンネック注射を受けてみることにしました。
できれば、アンチエイジングのために、一度医師の話を聞いてみたい、と思ったのも、プラセンタのサプリやドリンクタイプではなく、ラエンネック注射を選んだ理由です。
私の場合は、その日のうちに、疲れが取れたような感覚がありました。いつものひどい肩こりも、少し楽になっていたと思います。 肌への変化は、翌日にわかりました。いつもよりハリがあり、つやがあったので、即効性を感じましたね。
毎日摂取するのが苦手、というあまりマメではない人には、断然エランネックがおすすめです!

プラセンタドリンク(36歳 主婦)
アラフォー世代に突入し、そろそろアンチエイジングに取り掛からなくちゃ、と思っていたところ、雑誌でプラセンタがいいということを知りました。
私は手軽にとれるものがいいと思ったのですが、ドリンクが一番吸収もいいみたいだったので、2週間ほど飲んでみました。
すぐには効果か感じられませんでしたが、1週間くらいしたころから、肌のたるみが少し改善されたような気がしました。化粧のりは確実によくなっていたので、肌のキメも細かくなっていたと思います。
ときどき飲んで、少しでも若返りたいですね。